犬(いぬ)・猫の健康サプリメントならペット用サプリ通販サイト わんわん倶楽部

ペットの健康コラム

ごぼうは加熱してすりおろせば皮も与えてOK!愛犬への正しい与え方と一日の目安量

  • ペットのアレコレ
  • 2020/02/28

e54m_0304

 

ごぼうは健康食材として知られており、愛犬に与えたいと思う人も多いかと思います。

 

実際、ごぼうは犬に与えても問題ない食材です。

しかし、与える際には注意が必要な点も数多くあります。

 

そこで、この記事では愛犬にごぼうを与えるときに気を付けるべきポイントや、正しい与え方をご紹介します。

 

一日の目安量は?愛犬にごぼうを与えても良い量とは

 

e54m_0300

 

愛犬にごぼうを与えすぎると、消化不良で身体に悪影響を及ぼすことがあります。

一日の目安量など与える量について、詳しくご紹介しましょう。

 

一日にごぼうを愛犬に与えても良い目安量

愛犬にごぼうを与えるときは、以下の目安量を守るようにしましょう。

 

体重5kg:30g

体重10kg:50g

体重20kg:90g

 

この目安量よりも多いごぼうを与えると、消化不良を起こし下痢などを起こしてしまう可能性があります。

 

必ず目安量を守ってごぼうを与えるようにしてください。

 

初めて与えるときは少量から

愛犬がどんな食材や成分にアレルギーを持っているかは、はっきりとは分かりません。したがって、初めて与える食材を大量に与えるのは危険なので

 

ごぼうを最初に与えるときは、まずスプーン一杯程度にとどめて体調に変化が出ないかどうか、様子を見るようにしてください。

 

少量を食べても体調に変化が出ないことを確認してから、目安量程度を与えるようにしましょう。

 

もし少量程度を与えて体調に異変が見られた場合は、ただちに与えるのをやめてください。目が赤くなったり、肌をかくような仕草が見られる場合はアレルギーの可能性があります。

 

症状がひどい時は、病院に連れて行くようにしてください。

 

すりおろして加熱!愛犬へのごぼうの正しい与え方

 

bf9f54fa1cb2cb2c8c18844dc50c2471_s

 

愛犬にごぼうを与えるときには、犬が食べやすい正しい与え方があります。

 

詳しくご紹介しますので、初めて与える前に参考にしてください。

 

そのまま与えない

決してごぼうをそのまま与えないようにしましょう。

 

ごぼうは食物繊維が多く消化がしにくいため、そのまま食べさせると消化ができません。

 

皮をむかずにすりおろす

ごぼうは野菜の中でもかなり消化がしにくいので、刻むだけでは不十分です。

 

愛犬がしっかり消化できるように、すりおろして与えるようにしてください。

 

すりおろす際は、皮をむく必要はありません。ごぼうは皮に栄養が多く含まれているのです。

 

黒いものが出てきますが健康成分なので気にせず、そのまま愛犬に与えてください。

 

生で与えてはいけない

ごぼうは生のままで与えると消化に悪影響なので、生のままでは与えないようにしてください。

 

すりおろしたごぼうをさらに消化しやすくするために、フライパンに油をひかずサッと加熱して与えましょう。

 

お肉と一緒に、ドッグフードのトッピングとして与える方法がおすすめです。

 

味付けをしない

ごぼうには味付けをしないようにしましょう。

 

犬は味ではなく、においで「おいしい」と思います。そのため、人間が好むような味付けは意味がなく、過多な塩分や糖分で愛犬の身体に不要な負担を与えるだけです。

 

愛犬の健康のために、ありのままの状態で与えるようにしましょう。

 

人間用のごぼう加工食品を与えない

ごぼうせんべいなど、人間が食べるごぼうの加工食品は与えないようにしてください。

 

人間が食べるためにつくられた加工食品は、犬にとっては味が濃すぎるので身体に悪影響を与えます。

 

加工食品を与える場合は、犬専用の食品を選んでください。

 

愛犬にごぼうを与えるメリットと注意点

 

9V9A5905_TP_V

 

最後に愛犬にごぼうを与えるメリットと注意点をまとめてご紹介します。

 

愛犬にごぼうを与えるメリット

愛犬にごぼうを与えるメリットは以下の通りです。

 

・愛犬の免疫力が高まる

・ダイエットに役立つ

・腎臓が気になる犬に役立つ

 

ごぼうにはたっぷりの食物繊維が含まれているので、お腹の中を掃除してくれます。その結果、愛犬の免疫力を高めてくれる効果を期待できるのです。

 

また、ごぼうは温め効果が高く、排出を促すことができるので、ダイエット効果も期待できます。

 

便秘気味、太り気味のワンちゃんにおすすめの食材です。

 

愛犬にごぼうを与える注意点

愛犬にごぼうを与える際に注意すべき点は以下の点です。

 

・消化しにくいので与え方に注意

・食べさせすぎないようにする

 

ごぼうは野菜の中でも食物繊維が豊富です。

 

犬は食物繊維の消化が苦手なので、ごぼうはかなり消化がしにくい野菜ということになります。

 

ごぼうを与えるときは、犬が消化しやすいように細かく柔らかくして与えるという意識を持っておきましょう。

 

まとめ:ごぼうを与えるときはすりおろして加熱

 

4ab6b302349825f3a8beaeb2a87cc977_s

 

愛犬にごぼうを与えることで、肥満や便秘を改善するサポートになります。

 

しかし、ごぼうはとても消化がしにくい野菜なので、愛犬に与えるときは必ずすりおろして加熱するのを忘れないようにしてください。

 

また、ごぼうの栄養は豊富ですが、愛犬が嫌がる場合は無理に与える必要はまったくありません。

 

基本的に犬はドッグフード(総合栄養食)を満足に食べることができていれば、栄養に問題はないとされています。

愛犬がごぼうが好きな場合にのみ、うまく活用するようにしてくださいね。