犬(いぬ)・猫の健康サプリメントならペット用サプリ通販サイト わんわん倶楽部

ペットの健康コラム

愛犬にいちごをあげてもOK!一日の目安量や食べさせる時の注意点は?

  • ペットのアレコレ
  • 2019/03/08

c61aa8590d330141d2d914da5273b9cf_s

 

いちごは身近なおいしい果物で、犬にとっても一つ一つが小さくて食べやすそうですよね。

 

実際、犬にいちごを食べさせても問題はありませんが、与えるときに気をつけるべきことがあるのです。

 

この記事では、愛犬がいちごを一日に食べてもよい目安量や与えるときの注意点について詳しく解説します。

 

いちごは犬に与えて大丈夫!1日の目安量は?

honey1

 

「犬はいちごを食べられるのか?」と疑問に思う方も多いようですが、犬がいちごを食べても問題はありません。

 

目安量以上食べさせると下痢になってしまったり、内臓に負担を与える可能性があります。

 

犬に与えてもよいいちごの目安量は?

b78e62df3cb1e0be54dc0bd04c4b32cb_s

 

一日に犬に与えてもよいいちごの目安量は以下の通りです。

 

・体重5kg:1と4/5個

・体重10kg:3個

・体重15kg:4個

 

以上の目安量を守って与えれば、いちごが原因で体調を崩すことはないでしょう。

 

最初に与えるときは少量から

68b3d2ab670101603f7620eebc3a8cbc_s

 

いちごを愛犬にまだ一度も与えたことがない場合、アレルギー対策のためにも、最初は少なめに与えるようにしてください。

 

愛犬がどの成分にアレルギーを持っているかわかりません。

 

少量のいちごを与えて、目が赤くなったり、皮膚をかきむしるなどのアレルギー症状がみられた場合は、それ以上与えるのはやめましょう。

 

犬にそのまま与えてはダメ!いちごの正しい与え方

8a03ca305684e6d8c14a6bade1c97021_s

 

人間が食べるとき、いちごはそのまま食べられる手軽なフルーツですが、愛犬にはそのまま与えてはいけません。

 

犬へのいちごの正しい与え方を解説します。

 

必ずへたをとる

39323d5f4eb69a10913888d67739d54f_s

犬にいちごを与えるとき、必ずへたをとりましょう。

 

へたは硬くて食べにくいですし、犬にとって消化しにくい部位なので、犬に与えるときは確実に取り除くことが大切です。

 

消化しやすいように細かくカットする

ab40bb4f3f387e2e4786d9de45d861b6_s

 

犬は肉の消化は得意ですが、野菜や果物は消化するのが苦手です。

 

いちごの消化も苦手なので、いちごを与えるときは細かくカットしたり、潰して与えるようにしてください。

 

人間用のいちご加工品は与えない

5c723fd096853f2c9af2eb7b8efed5f1_s

生のいちごや、犬用のいちご加工食品なら与えても問題ありませんが、人間用のいちごの加工品は与えないようにしましょう。

 

市販のいちごジャムは大量の砂糖が含まれているので、犬に与えると負担をかけてしまいます。

 

市販のいちごヨーグルトも大量の砂糖が含まれているため、犬に与えるには不適切です。

 

ヨーグルトを与えるのであれば、無糖のヨーグルトにフレッシュないちごを加えるようにしてください。

 

愛犬にいちごを与えるメリットと注意点

acdbeeaba98e1d39edbc592d66737d4a_t (1)

 

愛犬にいちごを与えるメリットや注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれ解説します。

 

愛犬にいちごを与えるメリット

56ad315a547f17c2721b4cd6a6673768_s (1)

 

愛犬にいちごを与えると、以下のようなメリットがあります。;

 

・皮膚の健康維持や犬の老化対策に役立つ

・腸内環境を整える働きがある

・水分補給のサポートに役立つ

 

ビタミンCやアントシアニン、ポリフェノールの影響で、皮膚の健康維持、眼の健康維持など、エイジングケアに役立ちます。

 

可用性食物繊維のペクチンにより、腸内環境の健康を維持するはたらきも期待できるのです。

 

また、いちごの果肉の90%は水分なので、水をなかなか飲んでくれないときのドッグフードのトッピングとして使うのもよいでしょう。

 

愛犬にいちごを与えるデメリットは?

23257ab90f4d43f3923289de323942d5_s

 

犬にとっていちごは必ずしも必要な食べ物ではありません。

 

犬にいちごを与える際には、以下のようなデメリットもあることを正しく理解しておきましょう。

 

・犬はいちごを消化するのが苦手

・食べすぎると下痢を起こすことがある

・いちごに含まれるキシリトールはとりすぎに注意

 

犬は基本的に肉を食べる動物なので、植物の消化は苦手であり、いちごの消化も苦手です。

 

いちごを切らずにそのまま与えると、消化不良で内臓に負担を与えることがありますし、食べすぎると下痢を起こすおそれもあります。

 

また、いちごに含まれているキシリトールも犬にとっては良くありません。

 

数個食べた程度では直ちに健康に被害はありませんが、食べすぎるとリスクがあるので注意しましょう。

 

いちごのキシリトールは気にしすぎなくてOK

犬にとって、キシリトールはよくありません。

 

犬がキシリトールを多く摂ると、インシュリンが放出されて血糖値が大幅に下がってしまったり、肝機能が低下したり、さまざまな悪影響が起こります。

 

とくに糖尿病の犬がキシリトールを多量に摂取すると、命にかかわる問題となることもあるのです。

 

しかし、これはキシリトールガムを誤食した場合などの話であり、いちごに含まれる微量のキシリトールであれば、少々誤食した程度では問題はありません。

 

いちごに含まれるキシリトールと、犬がキシリトール中毒になってしまう量を計算すると、10kgの犬なら40個のいちごを食べたら危険だと言えます。

 

少し食べてしまったからと言って、吐き出させるなどの対応は必要ありません。目安量を越えたいちごは与えないように気をつける程度で十分です。

 

いちごが犬の歯周病に?進む研究開発とは?

honey5

 

「いちごが犬の歯周病改善に役立つ」という話題が、ネット上で話題になっています。

 

じつは、免疫機能を高める「インターフェロン」の遺伝子を配合したいちごが開発されているのです。

 

このいちごのインターフェロンは「犬の歯周病や歯肉炎の改善を助ける」ということで話題になり、テレビ番組でも取り上げられました。

 

実際に開発されたいちごの果肉をつかった「インターベリーα」という歯肉炎軽減剤が開発され、発売されています。

 

まとめ:いちごは愛犬に与えてよいがおやつ程度に

honey9

 

いちごは愛犬に与えてもよいフルーツではありますが、与え方には注意が必要です。

 

犬にはいちごが必要不可欠な食材ではないことを理解したうえで、嗜好品として与えるようにしましょう。

 

もしいちごを嫌がるようなら、ムリに与える必要はまったくありません。

 

愛犬がいちごを気に入った場合も、おやつ程度にあげるようにして、与えすぎには気をつけてくださいね。

 

 

犬康食・ワン商品ラインナップ

商品一覧へ

チーズ風味
「犬康食・ワン」
プレミアム
3,960円(税込)
鶏肉(ささみ)
「犬康食・ワン」
ジャーキータイプ
4,070円(税込)
糖衣
「犬康食・ワン」
粒タイプ
3,960円(税込)
黒糖風味
「犬康食・ワン」
顆粒タイプ
4,290円(税込)