犬(いぬ)・猫の健康サプリメントならペット用サプリ通販サイト わんわん倶楽部

ペットの健康コラム

愛犬に寒天を与える正しい方法とは?おすすめの手づくりレシピ

  • ペットのアレコレ
  • 2020/07/07

kanten04

 

寒天は食物繊維が豊富なヘルシーな食材として、広く知られています。

 

実際に愛犬に与えても問題ない食材で、腸内の健康維持に役立つ食材である点も変わりません。

 

しかし、犬に寒天を与えるときには注意しなければならない点もあるのです。そこで、この記事では犬への寒天の正しい与え方や注意点を詳しく解説します。

 

初めて犬に寒天を与える前にぜひ読んでみてください。

 

 

愛犬に寒天を与えてもよい一日の目安量は?

 

kanten05

 

愛犬に寒天を与えてよい量には限りがあります。初めて愛犬に寒天を与える前に、どれぐらいの量を与えてもよいのか、目安量を知っておきましょう。

 

一日に与えてもよい寒天の目安量

一日に与えてもよい寒天の目安量は以下の通りです。

 

体重5kg:30g

体重10kg:50g

体重20kg:90g

 

 

基本的に寒天を与えた場合でもドッグフードの量を減らす必要はありません。

 

ただし、ダイエット目的で寒天を与えるということであるなら、ドッグフードは通常の3/4の量くらいに抑えることをおすすめします。

 

初めて与えるときは少量から

愛犬に寒天を与える際、いきなり一日の目安量を与え始めるのはやめましょう。

 

愛犬が寒天を与えた場合にどのような反応を示すかは、実際に食べてみなければわかりません。何らかの成分にアレルギーを持っている可能性もあるのです。

 

まずは目安量よりもごく少量を与え、食べた後の愛犬に変化がないかよく観察してください。とくに問題がないことを確認してから、目安量程度まで少しずつ与える量を増やしていくとよいでしょう。

 

寒天には食物繊維が豊富に含まれているので、便への影響が大きいことも考えられます。愛犬の便の様子に変化がないかどうかもチェックするようにしてくださいね。

 

愛犬に寒天を与える正しい方法

 

kanten02

 

愛犬に寒天を与えるときの正しい方法をお伝えします。

 

やわらかめにつくる

寒天は犬が食べると、つるっと喉に入り込んでしまいやすいので、硬めにつくってしまうと喉に詰まる恐れがあります。

 

愛犬に与えるときは、やわらかめにつくり、愛犬が喉に詰まらせないように配慮するようにしてください。

 

味付けをしない

寒天をつくるときは通常なら、何か味付けをすると思いますが、愛犬に与えるときは味付けの必要はありません。

 

犬は味ではなく、香りで美味しさを感じます。犬にとって、人間が「美味しい」と感じる味はあまりにも濃すぎるのです。味付けなしでそのまま与えるようにしましょう。

 

与えすぎに注意

寒天はつるっとした食感で、どんどん食べられてしまいます。

 

しかし、寒天の目安量はそこまで多くはありませんので、飼い主が与える量をしっかり管理してあげるようにしましょう。

 

愛犬に寒天を与えるメリットと注意点

 

kanten03

 

愛犬に寒天を与える場合、メリットと注意点があります。初めて与える前に、それぞれ確認しておきましょう。

 

愛犬に寒天を与えるメリット

愛犬に寒天を与えるメリットは以下の通りです。

 

・余分な脂質を吸収して排出する

・食物繊維がたっぷり入っている

・栄養価が豊富でヘルシー

 

寒天は食物繊維の宝庫で、余分な脂質を吸収して排出する働きを持っています。

 

そのため、ダイエットはもちろん、腸の調子を整えるのに役立つのです。

 

栄養価が豊富でヘルシーな食材であり、利用しやすい食材と言えます。

 

愛犬に寒天を与える際の注意点

愛犬に寒天を与える注意点は以下の通りです。

 

・与えすぎに注意

・味付けをしない

・硬めにつくらない

 

寒天はつるっと食べられてしまうので、思わず愛犬に食べさせ過ぎないように注意する必要があります。

 

味付けをせず、やわらかめにつくることで、愛犬に健康的に寒天を与えることが可能です。

 

愛犬に寒天を与えるときのおすすめレシピ

 

kanten01

 

愛犬に寒天を与えるときに、どのような調理をすればいいのでしょうか。詳しくお伝えします。

 

野菜と魚と一緒に固める

魚や肉、野菜と一緒に寒天をかためます。

 

魚は骨を取ってほぐし、野菜は細かく刻んでゆでるようにします。

 

具材がゆで上がれば寒天を加えて、固めると出来上がりです。

 

デザート寒天

フルーツと豆乳と一緒に寒天を固め、デザート寒天をつくるのもおすすめです。

 

フルーツは小さめに刻んだり、すり潰して入れてください。豆乳はそのまま使うと濃すぎるので、薄めて使うようにしましょう。

 

フルーツは糖分が多いので、与えすぎに注意してください。

 

愛犬に寒天を上手に与えよう

 

愛犬に寒天を与えると、腸内をスッキリさせるはたらきを持っています。

 

上手に与えることで、愛犬の腸内を整えてあげましょう。

 

ただしツルッと食べられるので、思わず食べ過ぎてしまったり、硬い寒天をのどに詰まらせてしまわないように注意する必要があります。

 

ご家族が量に気をつけ、やわらかめにつくってあげるように気をつけてあげてくださいね。