ミニチュアダックスフンド
タクヤちゃん 14歳の体験談

ミニチュアダックスフンド タクヤちゃんの体験談 <小型犬>

犬種名
ミニチュアダックスフンド
犬の年齢
14歳
住所
神奈川県
飼主様名
鈴木様
愛用商品
プレミアムジャーキータイプ
愛用期間
1年10カ月

  • タクヤ
  • タクヤ

※クリックで大きく表示されます。

子どもの頃からずっとワンちゃんや鳥など、動物に囲まれて育ってきたという、鈴木さん。「将来もワンちゃんと一緒に暮らせていけたらいいなあ」という夢は、タクヤくんを迎えて実現しました。

 お家ではやんちゃいっぱい、内弁慶で王子様のタッくんですが、お散歩に行くとお年寄りや小さい子どもさんにも可愛がってもらって、人気者なのだとか。寒さが苦手というタクヤくんは、今の時期はお散歩には気が向かないみたいですが、昨年の秋までお母さんの万歩計が1万歩になるくらい、元気にお散歩にでかけていました。

 「『ワン食べようか』と声をかけると喜んでしっぽをフリフリやってきます。始めてしばらくは1本でしたが、今は昼食時に2本ジャーキーを与えています。14歳には見えないくらい毛並みも黒々、色つやも良くて若々しいでしょう!」と満足気は鈴木さん。『犬康食・ワン』は、ちょうどタクヤくんの健康面で心配があった頃にテレビCMで見て、「自然のものだから安心だし、うちの子にもいいかなあと思って」始められました。

「この子は変わっていて、病院の先生が大好きなのですが、最近は病院へも行ってませんね。歯が弱くなってきたり、時々オシッコが間に合わなかったりと、年齢を感じることを多くなりましたが、こんなに元気でいてくれてうれしい!動きも機敏ですし、ウンチもしっかり、安定していますよ!」と喜ばれています。

 東日本大震災の時には計画停電があり、日常生活が大変だったという鈴木家では、もしもの時に備えて、フードやオシッコシートなどタクヤくんに必要なものはしっかり備蓄してあるのだとか。このように愛情たっぷりにお世話してもらいながら、タクヤくんは今日も元気いっぱい!走りまわっています。

Top