ミニチュアダックスフンド
バロン ナッシュちゃん 15歳の体験談

ミニチュアダックスフンド バロン ナッシュちゃんの体験談 <小型犬>

犬種名
ミニチュアダックスフンド
犬の年齢
15歳
住所
東京都
飼主様名
林様
愛用商品
粒タイプ
愛用期間
10数年

  • バロン ナッシュ
  • バロン ナッシュ
  • バロン ナッシュ

※クリックで大きく表示されます。

愛犬3代に『犬康食・ワン』

を続けて10数年

12歳なのに「まだ子ども?」って聞かれるんです!


定期コース 毎月お届け3袋コース

東京都

林 バロンくん(M・ダックス・15歳)

ナッシュくん(ミックス・12歳)

『犬康食・ワン』 愛飲歴10数年い

 

hayashi01

 

『犬康食・ワン』を愛犬に与え続けて十数年になるという西東京市の林さんのお宅を訪問。玄関を開けるとM・ダックスのバロンくん、ミックスのナッシュくんが元気に出迎えてくれました。  「この子たちの前に飼っていた、ゴールデン・リトリーバーのミッキーに『犬康食・ワン』を与え始めたのが切っ掛けです」。ミッキーくんの年齢が5歳になり“愛犬の健康”を意識された時に『犬康食・ワン』のチラシが目に留まったそうです。  「おかげさまで、ミッキーは14歳で亡くなるまでゴールドの毛並みが美しいままで、最期も1カ月程は患いましたが苦しまず亡くなりました。お散歩中に近所のキャベツ畑で、夕日を背に金色に輝いていた姿が目に焼き付いています」。  ミッキーくんでその良さを実感され、その頃同時に飼っていたバロンくんや、後ほど家族の一員になったナッシュくんにも『犬康食・ワン』を与え続けているそうです。  「2頭とも高齢になりましたが、白髪もなくきれいな毛ヅヤを保ってくれています。ナッシュは縁があってうちに来た2カ月の頃から『犬康食・ワン』を与えています。だからほら、毛足が長くてフワッフワでしょう。お散歩に行くと『素敵なワンちゃんね』ってよく声を掛けられるんです。身体の大きさや、やんちゃな表情から『ゴールデンの子ども?』って聞かれることが多いですね! もう、12歳になるのにね! バロンも年をとって耳が遠くなり目も白内障でお散歩にも乳母車を使うようになりましたが、食欲が旺盛で毛ヅヤも良く15歳といってもわからないほど若々しいのが自慢です。『犬康食・ワン』を毎日欠かさず続けてきて、うれしいことがいっぱい! 本当に良かったです!」ご家族揃ってワンちゃんが大好きな林家では、日々の愛犬の健康が何より家族に笑顔をもたらします。



Top