ゴールデンレトリバー
タスちゃん 11歳の体験談

ゴールデンレトリバー タスちゃんの体験談 <大型犬>

犬種名
ゴールデンレトリバー
犬の年齢
11歳
住所
大阪府
飼主様名
鏡畑様
愛用商品
毎月5袋お届け定期
愛用期間
6年

  • タス
  • タス

※クリックで大きく表示されます。

適量に増やして、

安定した健康を手に入れた!
もうすぐ12歳、元気で長生きしてほしい


大阪府 鏡畑 タスちゃん

(ゴールデンレトリバー・11歳)

定期コース 毎月5袋お届け
愛飲暦 6年


フワフワの毛並みの大きな体を揺らし、玄関で迎えてくれたのは、ゴールデンレトリバーのタスちゃん。もうすぐ12歳になる女の子で、寝言は毎日のように 「ワンッ」 という鳴き声を聞くのはご家族でも2~3ヵ月に1回ぐらいという大人しいワンちゃん。
『犬康食・ワン』とのお付き合いはもう6年になります。

3e117251

▲フワフワの毛並みが日差しにキラキラと映えます。

「この子は2歳頃からシーズンごとに毛の悩みがあって、見た目も可哀そうで、なんとかしてあげたいと思っていました」。
犬仲間が紹介してくれた病院でお薬を処方してもらい、少しでも体の負担を減らしてあげたいと『犬康食・ワン』も始められました。
「体の中から元気にしてあげたいなって、ゆっくり気長に飲ませるつもりで始めました。
初めは3粒飲ませていましたが、お話を聞くと体の大きい犬種の場合、増やしている方が多いとのことで半年後に6粒に増やしました。早めに量を増やして、元 気な姿を見せてほしかったんです。お陰さまで病院治療と併せていい感じです。ですので今は朝3粒、夜2粒の5粒にしています」。

ad7a9de3

▲年をとって寝ている時間が多くなったけれど、ジロリ。話はしっかり聞いています。

タスちゃんは中学生の娘さんが2歳の時にやって来て、一緒に育てられたので、自分も同じ子どもだと思っているようです。子どもや人間が好きな気の優しい子ですが、肝心の時には後ろに隠れたり、ヨークシャーの小さい子に吠えられて腰を抜かすほど気の弱い面も。

「あまりベタベタとはしませんが、日中家事をしている間もなんとなくお互いを気遣って、長く暮らしてきました。でももう11歳。お別れの時が近づいていると思うと辛いですね」。以前、柴犬を亡くした経験から、その辛さは痛感されているそうですが「いつかは必ずやってくるその日まで、一日でも長く元気でいてほしい」と改めて『犬康食・ワン』に期待を寄せられています。

 

Top