柴犬
ゆずちゃん 15歳の体験談

柴犬 ゆずちゃんの体験談 <中型犬>

犬種名
柴犬
犬の年齢
15歳
住所
神奈川県
飼主様名
高梨様
愛用商品
プレミアム粒タイプ
愛用期間
2年4カ月

  • ゆず
  • ゆず

※クリックで大きく表示されます。

 お部屋の真ん中に、気持ち良さそうなベッドを作ってもらって横たわる高梨家のお姫さま。大切に大切にされている柴犬のゆずちゃん(15歳)は、面長の優しい美人顔。毛並みもよく、素敵に歳を重ねてきたんだろうなあ、と感じる品のあるワンちゃんです。

 若い頃から脚がほっそり。美脚のゆずちゃんでしたが、だんだん後ろ脚が立たなくなり、最近はベッドで横になって過ごしています。それでも、日中はお仕事をされているお母さんに連れられて、毎日仕事場に出勤。ハーネスを使って後ろ脚を支えてもらい歩く練習をしたり、お散歩にも出かけたりと、元気に暮らしています。

 『犬康食・ワン』を始めたのはテレビCMを見て。13歳だったゆずちゃんから年齢によるサインを感じるようになり、ちょうど「何かしてあげたい」と考えていた頃でした。早速、申し込んで毎日1粒食事に混ぜて与え始めました。「まずは、良さを実感しました。おかげさまで、15歳になった今でも、年の割に毛ヅヤも毛並みもいいとよくほめられます!」食事がミルクや介護になっても、粒をすり潰して与えてきましたが、年齢的なことを考えて2粒に増やすことに。しばらく様子を見て「ウンチの出は良いし、なんだか調子がよさそう」と感じておられます。

 ゆずちゃんは家族が初めて迎えたワンちゃんです。娘さんがお嫁に、息子さんも成人されと家族が成長する中、末っ子となったゆずちゃんは皆のアイドル。いつも一緒にお出かけし、思い出がいっぱいあります。近くの江の島海岸が好きでよく遊びに行きました。

 眠りが浅くなり、夜鳴きが増えたゆずちゃんですが、そんな時は一緒に寝ているお母さんが抱き寄せて安心させてあげます。赤ちゃんと同じように手がかかるようにはなりましたが「この子がいるから幸せ」とお母さん。温かい幸せな日々が続きます。

Top