ポメラニアン
まめ千代ちゃん・ユキちゃん 10歳の体験談

ポメラニアン まめ千代ちゃん・ユキちゃんの体験談 <小型犬>

犬種名
ポメラニアン
犬の年齢
10歳
住所
東京都
飼主様名
浅井様
愛用商品
プレミアム粒タイプ
愛用期間
6年

  • まめ千代ちゃん・ユキ
  • まめ千代ちゃん・ユキ
  • まめ千代ちゃん・ユキ

※クリックで大きく表示されます。

人が大好き、「わあ、かわいい」と言って貰うのが一番大好き。ウルウルおメメでしっと見て、かわいいねと言ってもらうまで待っているという、ポメラニアンのまめ千代ちゃん。

お母さんと娘さんが、夕食のおかずを買いにいってくると出かけたのに「私が頼んだ鰹のタタキではなく、この子を抱いて帰って来たんですよ!」とお父さん。当時、室内犬なんて犬じゃないとまで言って嫌がっていたというお父さんですが、今では一番世話を焼いて可愛がっているそう。手間暇かけて丁寧にお世話されています。

 

家族に愛され大切にされてきたまめ千代ちゃんですが、妹分のユキちゃんがやってきて状況が変わりました。家じゅうを走り回る小さなユキちゃんをネズミか何かかと思ったのか驚いてしまって、しばらく高い所に避難して暮らしていたのだとか。そんな環境の変化もあり、健康維持の必要性を感じられたそうです。

そんな時に、先代のワンちゃんがいた頃に何気なくとっておいた『犬康食・ワン』のチラシを思い出して連絡されたのです。「原材料の霊芝や田七人参は、何百年も人間にいいものとして受け継がれて来たわけですから、安全、安心で体にいいものだと思いますね。うちの子も本当に助かりました。今では2頭は仲良くしています。感謝しています。『ワン』のおかげで、元気でいられると感じています。元気でいてほしいワンちゃんがいれば、ご紹介していますと!」とお母さん。

「ほら、毛が密集してムートンの様な手触りでしょう!」と喜ばれています。

「お父さんは自分の服装には無頓着なのに、この子たちの服には気を使うの。ポメのカット代はお父さんの散髪の3倍かかるのよ!」と、笑いの絶えない楽しい取材でした。

Top