キャバリア
ヒナ子ちゃん 13歳の体験談

キャバリア ヒナ子ちゃんの体験談 <小型犬>

犬種名
キャバリア
犬の年齢
13歳
住所
神奈川県
飼主様名
木村様
愛用商品
プレミアム粒タイプ
愛用期間
1年3カ月

  • ヒナ子
  • ヒナ子

※クリックで大きく表示されます。

神奈川県鎌倉市の木村さん宅を訪ねると、キャバリアのヒナ子ちゃんが尻尾を振って元気に迎えてくれました。最近は毛を短めにカットしているというヒナ子ちゃんですが、両耳にかぶさるウェーブの毛はツヤツヤしてとってもきれい。キャバリアは長い間イギリス王室の愛玩犬だったというだけあって、なんだか気品も感じられる木村家のお嬢様です。

 大きくてクリクリの瞳もチャームポイントなのですが、ある時、自分で掻いて傷つけてしまったのだとか。「それから、心配事が増えてしまって…。ケアが欠かせなくなりました」。そんな時にテレビCMで『犬康食・ワン』を見てそろそろ年齢的な心配も始まる頃だったこともあり、すぐに申込みされたのです。

 しばらく続けたところ「お腹の調子も含め、なんだか調子がいいですね。安心できます」と元気を実感。それから毎朝の『犬康食・ワン』が起きるとすぐの健康習慣になり「ずっと元気でいてね」と願いを込めて続けてこられました。

 「13歳になりましたがとっても元気でいてくれて、本当に続けて良かったと思っています。娘のところの愛犬チワワや、お友達のワンちゃんにも紹介してますよ。みんな喜んでくれています」と元気の輪が広がっているのだとか。

 木村さんのお宅は、近くに鎌倉大仏が鎮座され江ノ島電鉄が走り、少し歩けば由比ガ浜海岸が広がるとっても素敵なロケーション。ヒナ子ちゃんは町中のお散歩はあまり好きではないそうですが海へ遊びに行って砂浜を走り回るのは大好き!

 夜はお母さんのお布団に枕を2つ並べて仲良く寝るそうで、毎日、ほとんど一緒に過ごしているのだとか。表情がとっても豊かなヒナ子ちゃんはうれしそうなお顔や、キョトンとした顔、恨めしそうな顔をしたりと見飽きません。お人形さんのような可愛さで、いつも家族を癒してくれています。

 

Top