シーズー
レオちゃん 6歳の体験談

シーズー レオちゃんの体験談 <小型犬>

犬種名
シーズー
犬の年齢
6歳
住所
神奈川県
飼主様名
小川さま様
愛用商品
毎月お届け2袋コース
愛用期間
1年

  • レオ
  • レオ
  • レオ

※クリックで大きく表示されます。

 

愛犬の元気が一番うれしい!

 

続けることの大切さを実感。

 


相模原市 小川 レオくん(シーズー・6歳)

 

 

 

毎月お届け2袋コース

 

02a73755

 

▲優しいお母さんと一緒にパチリ!

 

 

シーズーのレオくんはこの夏で7歳になる元気な男の子。大好きな公園へのお散歩はいつもお父さんやお兄ちゃん、お姉ちゃんが代わるがわる連れて行ってくれる、小川家のアイドル的な存在です。


 シーズー犬は一般的に生まれつき皮膚が弱いともいわれますが、レオくんも例にもれず、小さい頃から悩みがつきませんでした。
「私も皮膚が弱くてあの辛さはよくわかるの。だからなんとかしてあげたいと、良さそうなものはいろいろ試したんだけど…。ワンちゃんは口が利けないから本当にかわいそうで…」と小川さん。


 いまでは輝く毛並みと健康な皮膚の維持にと『犬康食・ワン』をパートナーに、元気な毎日を送っています。

 

33b551d4

 

 

「実は途中で『ワン』をあげるのを止めてしまって、しばらくしてあわてて電話し直したという経緯があるんです。その時には本当に続けることの大切さを実感して、猛反省しましたよ。親バカだとわかっているんだけど、この子が本当にかわいくて…、レオくんが元気だともうそれだけで嬉しいの!」

とフサフサの毛を撫でながら嬉しそうにお話ししてくださいました。


 リビングには絵の得意な娘さんの作品がズラリ。その中にはレオくんの小さい時やお母さんの若い頃の絵もあり、ご家族の歴史が感じられて心が温まります。

 

83786c7d

▲お嬢さんが描かれた小さい頃のレオくん。小川家にやって来た頃は今とは違って白黒の毛でした。

 


実は小川家は息子さんが2階でネコちゃんやカメなどの爬虫類を飼っていて、他にインコも暮らす大所帯。
たくさんの生き物が仲良く暮らす楽しいお宅でした。

やっぱりみんな元気でないと辛いですもんね。『ワン』がその一助になれることを嬉しく思いました。

Top